山口県空手道連盟 お知らせ

HOME > 山口県空手道連盟 お知らせ23

平成24年度 山口県空手道連盟 審判講習会 結果

日 時:平成24年4月22日(日) 9:00〜15:00
会 場:山口大学教育学部付属山口特別支援学校
講 師:沖野義次先生

目 的:審判技術の向上を目的として、例年、高校生選手の協力を得て、審判講習会を実施してきましたが、4月30日には全国少年少女および中学校空手道選手権大会の山口県予選があることから、本年度は、小中学生を対象に組手審判講習会を開催しました。

参加人数
  山口県公認審判員 95名のうち、74名(新規受講者含む)の参加がありました。

内 容:
  講習会のスケジュールは以下の通りです。
   9:00      開講式
   9:30〜10:00   講義(空手競技規定について)沖野義次講師
   10:00〜11:00  ジェスチャー
   11:00〜12:00  実技講習(2コート)
   12:00〜13:00  昼食
   13:00〜15:00  実技講習
   15:00〜     閉講式
   15:30〜16:30  新規およびランク付け審査会

新規およびランク付け審査会 審査委員
   2級資格審査員(審査委員長) 山下 進
   3級資格審査員   沖野義次、川畠 博、河村 勝、豊田 澄江
   審判委員会委員長  西本 朝生
   審判委員会副委員長   松並 慎一  (以上 7名)

合格者(受審者 23名)
   Aランク  6名
   Bランク 14名
   Cランク  3名

講 評(審判委員会委員長)
  沖野講師の熱血指導で受講者は講義も実技も終始、真剣に取り組んでおられ、熱気溢れる講習会となりました。
沖野講師から審判の服装、発声、ジェスチャー等、厳しい指導がなされた結果、特に新規の先生方の審判技術は格段に上達され、本講習会が大変有意義であったと大変嬉しく思いました。
 また、今回は小・中学生を対象に組手審判の練習をしましたが、最初は軽い技を取りがちでしたが、徐々に取れる技とそうでない技の見極めが出来てきたように感じました。
本講習会後、山口県公認審判員は104名となりました。これから、県連主催の各種大会に大いに活躍して頂けるものと、大変力強く感じた講習会でした。

1.JPG審判受講者みんな必死!頭では分かっていても、体が・・・・常に精進精進ですね!2.JPG審判受講者みんな必死!頭では分かっていても、体が・・・・常に精進精進ですね!3.JPG今回の特別講師:沖野技術委員長。全国審判資格者のひとり!    「声が小さい!」 「手の振りが悪い!」、 「顔が悪い・・・・これは仕方ないか(笑)」などの激がとぶ!

4.JPG 西本審判委員長・・・ 中立公正なジャッジに努めてください!選手のためにも!                西本審判委員長のようにポーカーフェイスで”何事にも動じない精神”大事ですね。 5.JPG今回お手伝いいただいた、山口市・岩国市空手道連盟の選手の皆さん、ありがとうございました!いい技たくさんありましたね。